どちらを選ぶべき? エレキギターのピックアップ、シングルコイルとハムバッカー

どちらを選ぶべき? エレキギターのピックアップ、シングルコイルとハムバッカー

エレキギターの2大ピックアップ、メジャーなのはハムバッカー

以前、シングルコイルやシングルコイル使いのロックギタリストの魅力を存分に綴ったコトがあります。

関連記事:シングルコイル、その魅力をマニアックかつ徹底的に語り尽くす→コチラ

シングルコイルは高音域に特徴がある独特なサウンドが魅力で、小気味よく軽快に疾走するカッティングや、切れ味の鋭い高音域に特徴がある音質がウリのピックアップであります。

そして、シングルコイルを搭載したフェンダーのストラトキャスターが、恐らく世界で最も売れているタイプのエレキギターであろうという所見についても綴りました。

ところが、個別の人気モデルを選べば上記のとおりとなりますが、多種多様なエレキギター全般を見回してみますと、シングルコイルのみを搭載したタイプは非常にマイナーな存在なのです。

ストラトキャスターやテレキャスターといった人気モデルを除けば、ほとんどがハムバッカーとの組み合わせか、フロント・リアともハムバッカー搭載のモデルの方が圧倒的に多いのです。

つまり、エレキギターで圧倒的にメジャーな存在であるのはハムバッカーです。

特に、メタル系のジャンルを好んで演奏するロックギタリストにとって、ハムバッカーというピックアップは絶対に避けて通れない存在なのであります。

 

シングルコイルを「限定のプロ」とするなら、ハムバッカーは「何でもこなせる万能選手」

では、なぜハムバッカーが市場の大多数を占めるのでしょうか。その答えは汎用性の高さにあります。何でもこなせる万能選手としての使い勝手の良さがハムバッカーの魅力なのです。

僕は物理が苦手な文系人間でして、電気信号や磁界の特性など電気工学の解説はできませんので、エレキギター弾きとしての体験に基づいたハムバッカーの特徴についてのみ解説します。

ハムバッカーはシングルコイル2基を組み合わせて構成されたピックアップで、シングルコイルに比べて低ノイズで高出力。中音域が強調された、まろやかな音質が特徴です。

これからエレキギターを弾いてみたいと思う初心者の方は、カラーリングやデザインにこだわって下さい。

しかしながら、ピックアップがサウンドキャラクターを決める重要なパーツであるというコトも知っておいてもらいたいと思ったのが、今回のテーマを取り上げた理由であります。

それをふまえて読んでいただきたいのですが、下記に綴るハムバッカーの特徴のすべてが、演奏ジャンルを問わない汎用性の高さに直結しているのです。

低ノイズ→ライヴで不快なハウリングが起こるリスクを回避できる

シングルコイルは非常にレスポンスが鋭いピックアップであり、ギタリストの個性を生々しく描写する特性がある一方、ステージ上の照明や機材が発する電磁ノイズまで鋭敏に拾ってしまうという負の特性があります。

そのため、オーディエンスに不快な思いをさせないよう、ヴォリュームをゼロにしたり、弦をミュートして(どちらかの手で6つの弦に触れて)ハウリング予防する等、ノイズ対策を講じなければなりません。

ハムバッカーも完全にノイズを拾わないワケではありませんが、ハウリングが起こる確率がシングルコイルよりも低く、ノイズ対策で神経質にならずに済みます。

もっとも、ある程度エレキギターの扱いに慣れてライヴの場数を踏めば、まったく問題ありません。その気になればハウリング対策など、どうにでも対応できます。

高出力→歪み系エフェクターの潜在能力を存分に使い切るコトができる

ノイズ対策とは別に、ギタリストのウデではどうにもならないのが出力の問題です。

「メタル」と呼ばれるジャンル、歪み系エフェクターまたは歪み特性が強い真空管アンプを使って演奏する場合、決まってハムバッカー搭載モデルが選択されます。

理由はカンタン、歪みが一定レベルを超えると出力が弱いシングルコイルは歪みを鳴らしきれず、耳障りなノイズにしかならないからです。

歪み系エフェクターの強烈な電気信号に対応できるのはハムバッカーしかありません。シングルコイルでは破綻します。

もっとも、同じハムバッカーであっても、製造時期やメーカーによって出力には違いがあります。

ギブソンのヴィンテージに搭載されているピックアップは低出力ですが、ディマジオやダンカンといったピックアップメーカーがリリースしているモデルは高出力です。

まろやかな音質→耳障りなトレブルトーンに悩まされずに済む

高音域に限らず怜悧かつ切れ味が鋭いのがシングルコイルの音質ですが、対するハムバッカーは、まろやかで角が丸く温かみがある中音域に特徴があり、同じピックアップでもまるで正反対。

ところが、このまろやかで中音域というのが、扱いやすさの秘訣なのです。

シングルコイルは高音域に特徴がある分、高音域が強調されすぎる特性も併せ持っています。

フロントかセンターいずれかを選ぶか、センターとリアのハーフトーンならばまだ問題ないのですが、リアのみ選んだ場合は特に顕著に現れます。

クリーントーンあるいはクランチと呼ばれる軽めの歪みであれば気持ちよく小気味いいサウンドが堪能できる一方、ディストーションになると一気に高音域が鋭くなりすぎ、耳に痛いサウンドになるのです。

そのため、僕が自作したストラトキャスターモデルはいずれもリアピックアップをシングルハム(一見シングルコイルのサイズだが内部はハムバッカー構造)に交換しています。

それでも、高音域が強く出すぎる傾向があり、アンプのトーン調整に苦慮しています。

基本的な音質そのものはピックアップの特性によるところが大きいのですが、エレキギター本体やエフェクター、そしてギターアンプのコントロールノブ(たいてい低音・中音・高音の3つ)の調整で対応できます。

しかしながら、高音域がキンキンしすぎるからトレブル(高音)のノブをゼロにしても、それでもまだキンキンするといった現象がシングルコイルには起こり得るのです。

シングルコイルは、歪み音を追求すればするほど、サウンドメイクが本当に難しくなるのです。

その点、ハムバッカーにはシングルコイルのような苦労は一切ありません。

むしろ、よりトレブルを上げられる余裕があるほどです。この特性はライヴでサウンドメイクをする際、シングルコイルに比べてはるかに優位性があります。

 

よほど強いこだわりがない限り、ハムバッカー搭載モデルを選ぶのがオススメ

以上、ハムバッカーの特性や魅力、ハムバッカー搭載モデルが圧倒的多数で市場に出回っている理由についての考察を綴りました。

僕は上記の過去ブログで綴ったとおり、シングルコイルのルックスもサウンドも好きで、ストラトキャスターに心底惚れ込んでいるのですが、使い勝手の良さではハムバッカー搭載モデルに軍配が上がります。

それでもシングルコイルが好きなので、求める理想のサウンドを実現するために悪戦苦闘していますが、次にX Japanをコピーするコトになれば、迷わずフライングⅤモデルかレスポールモデルを使います。

エレキギターは、その目的に応じて使い分けるコトが最良です。

どちらのピックアップ搭載モデルも所有しておき、ジャンルに合わせて使いこなすコトができれば良いのですが、経済的事情によってエレキギターは1本しか買えないというヒトもいるでしょう。

「どうしてもシングルコイルを3つ載せた伝統派のストラトモデルじゃなきゃイヤだ!」といったこだわりがない限り、シングルコイルのような「限定のプロ」ではなく、使い勝手が良く汎用性が高い「万能選手」、ハムバッカー搭載モデルを選ぶのがオススメです。

どうしてもストラトキャスターが欲しい場合は、シングルハムを購入してパーツ交換するか、最初からリアピックアップにハムバッカーが標準装備されたモデルを選ぶと良いでしょう。

参考までに、僕はすべての自作ストラトモデルのリアピックアップをディマジオ「Virtual solo DP420」に交換しています。

そのハムバッカーは本当に自分が求める音が鳴るか? くれぐれも慎重に見極めを

ただし、注意点が1つだけあります。ピックアップメーカーによってサウンドキャラクターに違いがあり、ハムバッカーなのにシングルコイル並みに高音域が扱いづらいモデルがあるのです。

そのため、

①購入を検討する時には必ず試奏させてもらう

②試奏する際には、歪み系エフェクターを使う

これら2つのチェックを必ず事前に行った上で購入すべきです。初心者だけでなく、これまで扱ったコトがないモデルを購入する場合は。

「せっかくお店に来たんだから」と、これまで使ったコトがないギターアンプやエフェクター類を試すのは良いコトですが、エレキギター購入の際だけは使い慣れた機材で試奏しましょう。

品切れの場合があるので、楽器店に出向く際に自前のエフェクターを用意すると良いでしょう。

そのくらいの慎重さがあれば、購入後「失敗した!」と後悔するリスクを回避できます(経験済み)。

僕が実際に使った実感では、以前所有していたアイバニーズに搭載されていたディマジオ製のハムバッカーは高音域にクセがあり、トレブルの調整が非常に難しかった記憶があります。

一方、ダンカンは神経質にならずに扱うコトができました。