「カラーリングで選ぶエレキギター」という考え方

「カラーリングで選ぶエレキギター」という考え方

カラーリングが選べる数少ない楽器、エレキギター

ボディやネックなど木材の違いやピックアップの種類など電送パーツの違いなど、音質を左右する構造上の違いによってエレキギターを選ぶ考え方があります。ストラトキャスターでレスポールの音は出せません。レスポールの音が欲しいからレスポールを使うのです。

経済的に優位であったりメーカーから融通してもらったりと、プロのギタリストは上記の理由から自在にエレキギターを選ぶコトができますが、われわれアマチュアはそうはいきません。

また、複数のエレキギターを所有する際に悩むのが保管場所の問題です。というのも、ギタースタンドに置いたエレキギターは意外と場所を取るのです。さらには本数分だけギターケースがあり、物置を占領してしまうのです。

これらの理由から、経済的にカツカツで決して広くはない居住スペースで暮らすアマチュア各位は、無数にある中から好みのエレキギターを最低限の本数で選ばねばなりません。

ギター選びで意外と重要な要素を占めるカラーリング

ところで、ギタリストが相棒として選ぶエレキギターを決める際の判断基準はヒトそれぞれです。欲しい音や好みの音を重視するヒト、ルックス重視のヒト、弾き易さを重視するヒト、価格重視のヒトなど、挙げればキリがない。

では、音さえ良ければそれでイイのか? カタチが好みならイイのか? 弾き易ければイイのか? そして、安ければイイのか? どれもエレキギター弾きにとっては切実な問題ですが、何か1つ、とても重要な項目をお忘れではいないでしょうか?

そのエレキギターに塗装されている色彩、すなわちカラーリングの問題です。

多分に自己満足の域を出ない自作エレキギターをライヴで平然と使っているくらいですから、僕は正直なところ音質や品質というものは二の次に考えています。ハウリングせずチューニングが安定していれば何だってイイくらいです。

一方で、安いコトと弾き易いコトは絶対に譲れません。そして、これらと同等に重視しているのがカラーリングです。本当に気に入ったカラーリングでなければ本番で使う気がしないくらいです。最近イチオシなのは、イングヴェイモデルを意識したクリーム色のストラトモデルです。

ところで、バンドのパートごとに考えてみると、カラーリングを自在に選べる楽器というのは案外少ないものです。ドラムやパーカッションなどの打楽器は原則としてカラーリングで選べません。キーボードもまた然り。サックスもゴールド系で統一されています。

唯一、カラーリングの選択肢が幅広いのは弦楽器でして、アコースティックギターやエレキギター、エレキベースは同じモデルであっても複数のカラーリングでリリースされているコトが多い。

ならば、せっかく選択の余地があるのですから充分に恩恵にあずかるコトにして、エレキギターをカラーリングで選ぶための考え方をまとめてみたいと思います。

 

最も満足度が高いのは、好みのカラーリングで選ぶコトだが

始めてエレキギターを買った頃から変わりませんが、購入の際、複数のカラーリングから選ぶ時に重視するのは「選べる中から最も好きなカラーを選ぶ」であります。

このあたりはクルマを購入する時の心境と非常に近いものがあります。自分に似合うかとか汚れが目立たないとか、第一印象で選んでから後悔しそうなポイントについては後回しになります。

余談ですが、ミラーグラスのように背景が映り込んでしまうような艶出しフィニッシュのモデルは一見とてもキレイなのですが、指紋などの汚れが目立つため、マメな拭き掃除が必要になります。ズボラな方は避けた方が無難です。

相対的に考えるとやはり趣味の世界ですので、実用性よりもギタリスト各位の主観的な感性で選ぶのが最も後悔しないコトは間違いありません。なので、その点を曲げろとは決して申しませんが、それ以外で後悔する点が1つでも少なく済むための考え方を提示したいと思います。

所属バンドのファッションやイメージカラーに被らないカラーリングを選ぶ

僕のバンドでは、メンバーの知人である地元デザイナーにレタリングを作ってもらったオリジナルTシャツを着て(もちろんデザインにはギャラを支払い)ステージに立つのが定番であります。

そして、そのオリジナルTシャツは漆黒で統一されています。そのため、エレキギターの存在感を前面に打ち出したいと思うなら、同じ黒ではTシャツに溶け込んでしまって目立ちません。

そうなると、例えばストラトモデルならワインレッドやヴィンテージホワイトといったテイストのカラーリングが映えますし、レスポールモデルならサンバーストやゴールドだと相性がイイ。

同様の考え方で、もしバンドに所属していてイメージカラーが決まっているとかオリジナル衣装で統一してステージに立つのが定番であるといった場合は、それらのカラーリングと被らない1本を選ぶべきです。

ファッションと反対色を選ぶのが基本ですが、「いちいちそんなコトやってらんない」というヒトは、フェンダー系やギブソン系などのサンバースト塗装や、ポール・リード・スミスに代表されるシースルー塗装が施されたエレキギターを選ぶとイイでしょう。

なお、ポール・リード・スミスはシースルーもソリッドもリリースしているのですが、このメーカーの代名詞は鮮やかなシースルーフィニッシュです。カラーバリエーションが豊富なので選択肢が広がります。

ただし、詳しくは後述しますが、ボディ材の木目を活かしたカラーリングのエレキギターは総じて価格設定が高めになります。本場アメリカで生産されるポール・リード・スミスのエレキギターはグレードによりますが30~100万円以上します。

バンドのイメージカラーが黒なら、あえて同系色のエレキギターを選ぶのもアリ

ひと昔のハードロックバンドで定番だったのが、染めた長髪、黒の革ジャン、黒デニムや革パンツ、黒で統一するファッションでした。メジャーデビュー後、オリジナルメンバーで活躍していた頃のX JAPANが代表格でしょうか。

このようなスタイルに合わせるカタチで、あえて黒一色で統一されたエレキギターを選ぶのも1つの手ではあります。黒は視覚的に引き締め効果が大きく作用するので、ギタリストのシルエットがシャープに映るからです。

ただし、この手のファッションがサマになるのは白か黒のいずれかです。コレが仮に赤一色となれば、クールというよりもコントになってしまいますので。確かにハデで目立つコト請け合いではありますが。

 

廉価版で数多くのカラーリングを揃える場合はソリッドカラーで

レスポール・スタンダードのようなメイプルトップにマホガニーバックといった構造であれば良いのですが、ストラトキャスターモデルの廉価版は木目が全く異なる材を4~5つ貼り合わせて切り抜いたボディが使われています。

レスポール系のような2重構造や、木目を考慮して選りすぐった2つの材を半分ずつ貼り合わせたボディであればクリアカラーのみで塗装したナチュラルフィニッシュやサンバースト塗装が美しく仕上がりますが、上記の場合はツギハギだらけの見苦しいルックスに。

そのため、1本あたりの価格を抑えつつ、さまざまなカラーリングで複数のエレキギターを揃える場合は、ボディ材を完全に塗りつぶしたソリッドカラーのモデルを選びましょう。

弾き心地を統一し、色の違いで差別化を図りたいならストラトキャスターモデルを

「弘法筆を選ばず」で、とにかく弦さえ張ってあれば何でもイケるといった天才肌のギタリストでない限り、ステージで全く種類が異なるエレキギターを瞬時に弾き分ける際は、指板を抑える側の違和感やスイッチ類の配置の違いに戸惑うものです。

「この曲にはこの音が必要だから」と音質重視でエレキギターを複数用意する場合はその限りではありませんが(例えばツインギターで違和感なく鳴らすために2人ともハムバッカー搭載モデルで統一するといった場合)、そうでなければ色違いの同型モデルをオススメします。

その中でも選択肢の広さからイチオシなのが、当ブログでも何度かご紹介したストラトキャスターモデルです。なぜなら、その世界的人気からリリース数が圧倒的に多く、それだけカラーリングも多彩に用意されているからです。

色違いで同じエレキギターを用意しておくコトで、不測の事態に即対応

補足ですが、ツインギターで音質を揃えるとかハードな曲で使っていたレスポールからバラードに変わる前にES-335に持ち換えるなどといった場合、当然それに合わせてエフェクターやギターアンプのセッティングも変わってきます。

一発本番かつ準備時間が限られているライヴのステージで異なるエレキギターを使い分けるのは、想定外のトラブルなどのリスキーさが伴います。よほど念入りにリハーサルで準備しておかないと、厳しいものがあります。

弦が切れたり音が出なくなったり、トラブルの際に瞬時に交換できるという意味でも、持ち換えた違和感がなくセッティングも変えずに済む。ライヴでは色違いで同じエレキギターを使うメリットもありますので、覚えておいて損はありません。