エレキギター指板の選択、メイプルかローズウッドか

エレキギター指板の選択、メイプルかローズウッドか

フィンガーボードは白か黒か~弾き心地を大きく左右する違いとは

アッシュ、アルダー、バスウッド、マホガニー、メイプルなど、エレキギターのボディ材は多種類なのですが、フィンガーボード(指板)については白か黒、メイプルかローズウッドの2択となります。エボニーもありましたが、資源保護のためほとんど流通していません。

エレキギターを弾かないヒトにとって、フィンガーボードの色の違いなどボディのカラーリングの違いと同義としか思えないかも知れませんが、ギタリストにとってはストラトかレスポールの2択を迫られるほど演奏フィーリングが異なってきます。

今回は白か黒か、すなわちメイプルとローズウッドにおける色以外の違いについて綴りたいと思います。はじめてエレキギターを購入したいと検討中のヒト、2本目のエレキギター購入を検討中のヒトにとっての参考となれば幸いです。

ローズウッド~指先がしっかり食い込むようなフィーリング

まずは黒、ローズウッドがフィンガーボードに使われているモデルについて。市場でいえば9割方がローズウッドで占められ、ギブソン系は一部の例外を除きローズウッド、フェンダー系もローズウッドの方が多くリリースされています。

ルックス的にはハードなイメージですが、まるで指先が指板に食い込むかのような柔軟性と潤いを持ち合わせているのがローズウッドです。あるいはフィンガリングの際、適度に指先が引っかかるフィーリングで、スライドしすぎないメリットもあります。

デメリットとしてはエレキギターで用いられている木材のうち、唯一の無塗装パーツであるため、乾燥に弱く、適度にネックオイルを塗布する必要があるくらいでしょうか。別に、塗布しなくとも乾燥で割れるコトはありませんが、収縮が起こってネック反り(順反り)の原因にも。

不要なウェスを切り置きしておき、特に空気が乾燥する冬期間はマメにネックオイルを塗布します。その際、弦のテンションを緩めておくと、弦の下にあるフィンガーボードとフレットにスムーズに塗布できます。

メイプル~指先を弾き返すような硬質さと滑りのよさ

次に白、メイプルがフィンガーボードに使われているモデルの代表格といえばフェンダーの代名詞、ストラトキャスターであります。ストラトキャスターのネックはローズウッドのモデルの方が多いですが、メイプルのストラトも人気があります。

また、テレキャスターにおいてもメイプル仕様のフィンガーボードが採用されているモデルが多数リリースされています。

超絶技巧の速弾きギタリストのイングヴェイ・マルムスティーンや、最も日本で有名であろう海外ギタリストのレジェンド、エリック・クラプトンは好んでメイプルが貼られたストラトキャスターを愛用しています。2人のシグネチャーモデルも然りであります。

肝心なのは弾き心地ですが、メイプル材の特質をそのまま物語るかの如く、良くも悪くもハードの一言に尽きます。とにかく硬い。フィンガーボードを押さえる指の先端が弾き返されるかのようなフィーリングであります。

メイプルのフィンガーボードは単に硬いだけでなく、まるでワックスが塗布されているかのように、押さえた指先がツルツルとよく滑る弾き心地です。ローズウッドで慣れたギタリストにとっては、スライド奏法の際に滑りすぎて戸惑うコトも多数あるでしょう。僕もそうでした。

メイプルのフィンガーボードは、ローズウッドと違い、クリア塗装でコーティングされています。照明に反射し、ツルツル滑るのは塗装のためと思われます。弾き続けているうちに黒く汚れていき、白いと目立つので塗装すると聞いたコトがあります。

すでに塗装処理がなされているため、ネックオイルを塗布する必要はありません。しかしながら、表面塗装が剥げてきた場合は再塗装が必要になるかも知れません。もっとも、経年劣化による汚れも味があってイイと僕ならそう思いますが。

 

材質の優劣を考慮する必要なし、弾き易い方を選ぶべき

材質が違うコトによる仕様の違いや弾き心地の違いについては上記のとおりですが、聴き分けするのは困難であっても、フィンガーボードの違いが音質の違いにも現れるのは間違いありません。

一般的に、材質が硬いほど硬く澄んだ音になりますし、柔らかくなればまろやかな音になります。重くなるほど重厚な音になりますし、軽ければ軽快な音になります。

その意味においては、柔らかくて軽いローズウッドと硬くて重いメイプル材の違いがそのまま音に現れるといわれます。音の好みが分かれるかも知れません。

しかしながら、ギターアンプを通せば特筆するほどの違いはないといっても過言ではありません。むしろ弾き心地が良いと感じる方を選んだ方が間違いないでしょう。感覚的に弾きやすいと感じる方を選べばOKです。