2019年8月

1/2ページ

ギタリストが野外ステージを成功させるために知るべきコト

  • 2019.08.31

あらゆる事態を想定し、事前にできる準備はすべて行う 中学生で初めてバンド演奏したのは学校の体育館。現在所属しているバンドでは障害福祉サービス提供事業所の大ホール、わがマチの公共施設やライヴハウスまで、室内での演奏経験しかなかったところで、最近はじめて野外ステージを経験しました。 今回は医療法人の夏祭りでのイベントに参加したのですが、プロの音響担当がついているワケではなく、ライヴならではのアクシデン […]

ライヴ派ギタリストの必須アイテム、セカンドギター

  • 2019.08.30

ぜひとも所持しておくべきセカンドギター、その理由 限られたお小遣いやバイト代からようやく念願の1本を購入したという学生さんにはちょっと酷な話となりますが、バンドを組んでステージで演奏したいというライヴ派ギタリスト向けに、メインギターに加えてもう1本持っておくべき理由を綴りたいと思います。 現在は僕がエレキギターを始めた頃と違い、3~5万円でも充分ライヴで使える高精度なモデルがリリースされるようにな […]

エレキギターの弾きやすさは弦高で決まる

  • 2019.08.27

さまざまなタイプの自作エレキギターから気づいたコト 当ブログでたびたび綴っているように僕は短躯であります。今どきの20~30代女性の平均身長とほぼ同じ、手の大きさでは体格が同じであれば女性の方が長い指をしているくらいです。 その意味においてはエレキギターを弾くには非常に不利でして、ストラップを長くして腰あたりで構えて弾くのがサマになるレスポールは、そのスタイルで弾こうとすれば指が届きません。 その […]

福祉サービスを紹介する際の定石、それは複数提示

  • 2019.08.25

選択肢が圧倒的に少ない身体障害者の居住系サービス 障害者ケアマネの主な仕事はサービス等利用計画の作成ですが、どんな福祉サービスを利用するか一緒に考え、それが決まったら次はどこのサービス提供事業所を利用するか、相談者が納得できる事業所を探す役割も担っています。 ところで人口が千人単位の町村部ではそもそも選択肢が限られており(高齢者福祉のように最低限のサービス提供すら未実施の町村も)、相談者もケアマネ […]

ほろ苦い過去を未来への強みに~転んでもタダでは起きない社会福祉士

  • 2019.08.22

相談支援の仕事は人生経験がモノをいう場面が非常に多くあります。若造が何を言ったかではなく年長者が言うコトが重要であるという話はよくありますが、必ずしも真実ではありません。 単に年を重ねているというコトに対して相談者が固く閉ざした心を開くワケではなく、人生経験をもとに共感を示すコトによって相手の心を揺さぶり、あるいは和ませ、やがて開かせるのです。 相談支援の現場において、「傾聴と共感」を相手が望むカ […]

初心者必見! 効率的にレパートリーを増やす方法について

  • 2019.08.19

エレキギターを購入した時点で誰もがギタリストですが(弾けるかどうかではなくエレキギターを所有した時点でみんなギタリストなのです)、仮にバンドを組んでステージに立つコトが決まり、しかも1曲ではなく数曲を演奏しなければならないと仮定します。 例えば1曲限定で出演する地元の楽器店主催のコンテストであれば1曲だけを徹底的に練習すればイイのですが、持ち時間が15分あれば最低3曲、余裕をみて4曲は準備しなけれ […]

反社会的勢力への闇営業問題から学ぶ、社会人としての処世術

  • 2019.08.16

所属芸人の反社会的勢力への闇営業に端を発した吉本興業の騒動はこのブログを綴っている現在も未だに尾を引いており、令和元年の夏はお笑い業界の混沌で世間を賑わせました。 本来ですと、こうした時事ネタはあっという間に古くなるので扱うべきでないのですが、組織人として身につけておかねばならない処世術について学ぶべきエピソードが数多くありました。 当ブログで扱うのは、騒動の発端となった雨上がり決死隊の宮迫博之さ […]

ストラトキャスターとテレキャスター、どちらを選ぶか迷ったら

  • 2019.08.15

シングルコイル搭載モデルの二大モデル、フェンダーのストラトキャスターとテレキャスター。 ギブソンにもP-90という、フェンダーとは全く違う方向性で開発された傑作シングルコイルが搭載されたモデルがあるのですが(そもそもレスポールの初期モデルはシングルコイル)、やはりシングルコイルといえばフェンダー系モデルが主体となります。 フェンダー系のシングルコイル搭載モデルには上記の2大モデル以外にもマスタング […]

Spitz「ロビンソン」で小粋なアルペジオを奏でる2つの小技

  • 2019.08.13

当ブログで数多く登場するSpitz(スピッツ)のコトをどれほど僕が惚れ込んでいるかについては、「ギタリスト目線で語るSpitzの魅力」で未だに変わらない熱い思いを存分に綴ったところであります。 僕が初めてSpitzを知ったのは大学時代「ロビンソン」を聴いた瞬間でしたが、その衝撃は未だに続いているほどで、僕が所属するバンドでもSpitzの曲を数曲コピーしました。 草野マサムネさんの織り成す世界観はバ […]

ライヴで手持ちのギターアンプを使い回す基礎知識

  • 2019.08.11

機材が完備されたライヴハウスで演奏する場合やリースのギターアンプを使用する場合は借り物の機材をいかに使いこなすかが勝負となります(使い慣れた手持ちのエフェクターをいかに効果的に活用できるかがカギ)。 一方、僕らのように、手持ちの機材を持ち込む機会の方が圧倒的多数を占めるアマチュアバンドにとって、ギターアンプの調達はギタリストの悩みのタネであります。 単に音が良ければイイという話ではなく(状況が違う […]