思わず息を呑む、その圧倒的存在感~ハイエンドギターの魅力

思わず息を呑む、その圧倒的存在感~ハイエンドギターの魅力

ハイエンドギター、プレミアムモデル、販売店によって表現は異なるものの、世の中には高額なエレキギターが存在し、大枚を払わせてでも売れていくという事実があります。

当ブログではハイエンドギターと呼称しますが、その定義というものはありません。要は非常に高額という意味ですが、どこからが高額と考えるかはギタリストそれぞれでしょう。

どの楽器店をみても、初心者向けでリリースされるエントリーモデルが6万円以下、中級者向けが10万円前後で価格設定されています。

ストラト使いとしてフェンダーを例にしますと、低価格帯はスクワイヤー、中価格帯はフェンダージャパンからフェンダーメキシコ、高価格帯にフェンダーUSAがあります。

なお、新品でフェンダーUSAのストラトキャスターを購入する場合は、最低でも15万円あたりからの価格設定となります。

フェンダーUSAでもグレードがあり、熟練のクラフトマン(マスタービルダー)が製造しているカスタムショップとそれ以外では価格帯が全く異なってきます。

なお、カスタムショップで新品を購入する場合は、最低でも50万円からとなります。

「ハイエンドは30万以上から」という定説の1つを借用させていただき、巷でいわれる30万円以上をハイエンドギターと定義し、その魅力を綴りたいと思います。

 

エレキギターが「ハイエンド」となる2つの要因

別にエレキギターに限った話ではありませんが、木工製品が高額になる理由は2つしかありません。すなわち、材料費と人件費をどれだけ投入したかによります。

厳選された木材をふんだんに使い、腕利きの職人が思う存分こだわり抜いて時間をかけて製造する。これらがハイエンドたる所以となります。

厳選された木材が遠慮なく使われる

エレキギターとしての性能や耐久性を保証するだけの良質な木材という意味だけでなく、希少種で入手困難な木材という意味もあります。いずれにせよ高額となります。

ギブソンのフライングⅤは、ボディにコリーナ(リンバウッド)が使われていました。希少というコトでコリーナはほとんど使えない現代はマホガニーが代用されています。

フィンガーボード材の1つにローズウッドがありますが、ハイエンドにはホンジュラス・ローズウッドやマダガスカル・ローズウッドが使われます。

なお、最高級グレードとなるのはハカランダことブラジリアンローズウッドです。

腕利きの職人が思う存分こだわる

エレキギターを1つの工業製品として考えた場合、材木を加工し、組み上げ、塗装するまでの間に多数の行程を経るコトになります。

ただ組み上げるだけなら、精巧な加工がなされたパーツが揃っていれば(僕のようなシロウトでも)エレキギターが造れてしまいます。

しかしながら、完成品が精巧であるとは限りません。初心者なら、仕上がりはさておき、ただ完成させるだけでも軽く1週間以上かかるでしょう。

また、職人がこだわり抜いて時間をかけるというだけでなく、高額な機材や道具を遠慮なく揃えた上で制作するという意味もあります。

 

材質や形状の違いを超越して、弾きやすいと感じるのがハイエンド

エレキギターを弾かないヒトでも一発で看破できるポイントをご紹介しますと、目視で判別できる巧緻の差が顕著なのが、ネック関連の造りです。

ハイエンドギターと廉価版の違いはネックにこそ現れるといっても過言ではありません。アンプにプラグインしなくとも、ただネックを握るだけで判ります。

フレット両端の斜めに削って1弦側(指先)や6弦側(指の付け根)が引っかからないよう仕上がっているのが普通ですが、ハイエンドギターには球面仕上げというのがあります。

その加工は「ボールエッジ」と呼ばれ、すべてのフレットを球面のように均一に仕上げるとなれば相当な手間暇がかかります。それがそのまま価格に跳ね返る。

硬いステンレスを、21フレットであれば42ヶ所をすべて手作業で仕上げるワケですから。

もっとも、この加工はハイエンドならではの贅沢仕様というコト。他の加工でも問題ありません。むしろ、ネックの手触りや握り心地の方がよっぽど重要です。

初心者は「なんか握りやすい」、中級者は「なんか弾きやすい」、上級者は「コレは弾きやすい」となります。

手触りの良さというのも工業製品としての立派な性能の1つです。手触りが良い=木材がなめらかに研磨され、均一かつ過不足なく塗装されているという証明なのです。

僕も自作派なので良く判りますが、サンドペーパー研磨が不充分だったり塗装ムラがあったりすると、違和感がひどくて弾きづらくなってしまうのです。

また、ネックはエレキギターの中で最もヒトの体が接触する部位です。掌や親指が何度となく摩擦しますし、汗や皮脂が付着します。

ハイエンドモデルはサテン仕上げが多く、ネック木材のナチュラルな手触りを体感でき、耐久性も併せ持っているのです。

もう1つ、ネックの精巧さを含めエレキギター全体の完成度を推しはかる尺度としてご紹介したいのが「ポジションマークと6本の弦がズレていないか?」という点です。

ポジションマークのデザインはメーカーやモデルによってそれぞれですが、共通しているのは12フレットのみデザインが異なっているコトです。

それ以外の3、5、7、9、15、17、19、21フレットのポジションマークはネック中央部に埋め込まれているハズです。

アイバニーズの最高峰、j-custom版RGモデルのように、すべてのポジションマークが6弦側に埋め込まれている例外もありますが。

フェンダーのエレキギターは丸いポジションマークが1つのフレットに1つ、12フレットに2つ埋め込まれていますので、次の基準を満たしているかどうか確認します。

12フレットのポジションマークが2弦と5弦それぞれの下に埋め込まれているか

それ以外のフレットのポジションマークが3弦と4弦の間に埋め込まれているか

以上の基準を満たしていないなら、弦が平行でないか、ポジションマークそのものがズレた位置に埋め込まれているかのどちらかです。

当然、ハイエンドギターはキッチリ基準を満たしています。全フレットのポジションマークがシンメトリーで埋め込まれ、その延長線上に弦が張られています。

ネックを握った瞬間の手触りの良さ、6つの弦が左右対称かつ正確に張られた精巧な組み上がり。写真だけでは決して判らない差がハイエンドモデルの弾きやすさに現れるのです。

 

実物をナマで視れば判る、ハイエンドギターだけが放つ独特の空気

最近、わがマチから130キロほど離れた中核都市へ遊びに行く機会があったので、地元ではまずお目にかかれないハイエンドギター見物を目的に楽器店めぐりを敢行。

その際、気になっているストラトキャスターを探しに行ったのですが、中でも一目惚れしたのが、「アメリカンエリート・ストラトキャスター」というモデルでした。

まさしく今風なストラトキャスターで、特に気に入ったのがシンプルかつシャープなヘッドデザイン。他にもヒールカットジョイントや2点支持のブリッジ仕様など演奏性も重視。

音質面においての差別化を図るため、ノイズレスピックアップが3基搭載され、S-1スイッチと呼ばれる、ヴォリュームノブに内蔵されたプッシュ式スイッチが特徴です。

通常、ハイエンドモデルは展示スペースの最上部や最奥部など、すぐ手が届く範囲内には置かれていないものですが、たまたま試奏直後だったのか、すぐ目の前にありました。

思わず息を呑んだのは、ホンモノだけが漂わせる独特の空気感です。製品名や価格が書かれた値札がなくとも「コレは違う!」と直感させるものでした。

なお、そのお店には30万円を超えるハイエンドが多数展示されており、同じサンバースト仕様のギブソンのレスポール群の中でも60万円クラスになると色合いすら違って見えました。

それは僕の独断と偏見ではなく、ニトロセルロースラッカー塗装によるカラーリングと、ボディ材の美しい木目の違いによるものでした。

プロとなれば違うのでしょうが、アマチュアが趣味でバンド活動をする分には中級者向け6万円のエレキギターを使っていればOK。あらゆるシーンで充分に堪え得るものです。

とはいえ、ギターアンプやエフェクター、そしてPAの違いによってギターサウンドは変わります。巧いギタリストが弾けば、エントリーモデルもハイエンドも同じサウンドに聴こえます。

このように、ハイエンドギターを使ったからといっても、オーディエンスに違いが判るかといえばかなり微妙です。というより、気づかれない可能性の方が高い。

しかしながら、ソレを使うギタリストだけは確実に違いを体感できるのは間違いありません。