購入して初めて判るフェンダー・ストラトキャスターの魅力

購入して初めて判るフェンダー・ストラトキャスターの魅力

亜流ストラト使いとして30余年、ついに正式に真正ストラトキャスターのオーナーになった件は以前のブログで綴ったところであります。

(ストラトキャスターを名乗って良いのはFender製のみ、他メーカーはストラトモデル)

フェンダーの正統な血族「Made in Japan」→コチラ

続・Limited Roastedストラトキャスターのレビュー→コチラ

「万人向け=誰にも合っていない」とは言い得て妙でして、これまで使ってきた亜流ストラトとは一味違う弾き心地に悪戦苦闘しているところです。

同じストラトキャスターといってもUSAやメキシコなど製造国の違いもあれば、ネックの厚みや形状の違い、フィンガーボードの材質の違いで弾き心地は別物に。

その点においては、限定モデルのオーナーとしての苦戦を強いられているのかも知れません。

しかしながら、しばらく限定モデルを弾きこなした後に自作ストラトモデルを弾くと「?」という不可思議な気分になります。「限定の方が弾きやすい?」といった奇妙な感触に。

とはいえ、オーナーになった以上、大っぴらに語って良い権利があります。そこで今回は僕なりのストラトキャスターへの解釈のもと、「ストラトのトリセツ」を綴りたいと思います。

 

なぜ、誰もがFenderを選ぶのか~所有して初めて思い知らされる本家の凄み

正直なところ、エレキギターの完成度という点においてはFenderを凌駕するといっても過言ではない国産メーカーは多数あります。

コストパフォーマンスならフジゲン、独自の解釈のもとで極上の一本を提供するモモセ、徹底してヴィンテージ仕様の再現にこだわるヴァンザント。

ストラトキャスターを購入するまで、仮にハイエンドが狙える予算があるなら、絶対にFenderは選択肢から外すつもりでした。モモセかヴァンザントから理想の一本を選ぶと。

ところが現在は違います。たとえFenderを超えるブランドがあるコトを知っていてもなお、僕は次もFenderからストラトキャスターを選ぶであろうと思っています。

しかしながら、プロ・アマ問わず、ストラト使いのギタリストの圧倒的シェアを誇るのは今も昔もFenderであります。その事実だけは今後も揺るがないでしょう。

その理由を活字で描写するのは非常に難しいですが、極論すれば「イイものはイイ」となります。それではトリセツになりませんので幾つか列挙してみますと、およそ次の2つに。

その存在はまさに天上天下唯我独尊、唯一無二の造形美

ストラトモデルをリリースするメーカーは多数ありますが、ヘッドデザイン以外はFenderの模倣そのものであります。個性を演出するのはヘッドデザインの違いのみ。

元々が浮気性なのか、僕のエレキギターの好みは年を追うごとに変遷していくのですが、ストラトキャスターのヘッドデザインは好みでありませんでした。ラージヘッドなど論外。

ところが現在はどうかというと、スモールヘッド・ラージヘッドともに最も好きなデザインに。

洋の東西を問わず、ミュージックシーンは栄枯衰退の如く変遷を遂げていきましたが、Fenderは一貫してストラトキャスターの基本設計を変えるコトとは絶対にしませんでした。

Fenderというブランドは時代の変遷にかかわらず「ストラトキャスター」を世に送り出し続けた。結果、老若男女を問わず世界中で愛されるエレキギターに。

今こうしてストラトキャスターを所有してみると、ホンダの最高傑作バイク、カブと同じく「製造された段階で究極的な完成形」の工業製品だと判りました。

今ならFenderロゴだけで思わず買ってしまうほどに、亜流モデルを軽々と一蹴する本家の凄み。市場がストラトキャスターの独り勝ちになるワケであります。

「理想の1本」が必ず見つかる、多彩なバリエーション

基本設計は不変なれど、時代の変遷を読み取りギタリストの趣味嗜好を取り入れながら、たゆまぬ進化を遂げているのがFenderのもう1つの凄さであります。

売れているがゆえに企業内で優先的に予算配分できるからでしょうが、ストラトキャスターは実に多彩なバリエーションが用意されています。

他メーカーの追随を許さないのが、多彩なカラーリングとネックシェイプのバリエーション。

カラーリングは言わずもがなですが、弾き心地を大きく左右するネックシェイプを選択できるのは、ギタリストにとって圧倒的なアドバンテージになります。

Fenderホームページでは6種類のネックシェイプが用意され、フィンガーボードの種類を含めて選択可能となっています。

さらに、Fenderは指板Rですら複数のバリエーションを用意しています。クラシックな184Rと、チョーキングや弦高低めに適した240Rが選べます。

また、平坦に見えるフィンガーボードはゆるやかな曲線を描いており、指板R(Radiusの頭文字)によって扁平率が異なるのですが、Fenderはそれさえも複数の選択肢を揃えています。

ちなみに、他メーカーは多少のカラーバリエーションはあるものの、ネックシェイプや指板Rまで選択肢を設けていません。

さらにFenderはパーツ別にも多数のバリエーションを設定しており、ピックアップ1つにしても、トラディショナルな低出力モデルからノイズレスといった現代的モデルまで多彩。

ペグにしてもクラシック仕様またはロック仕様、トレモロブリッジも6点支持または2点支持と、最低限の知識とギタリスト自身の方向性を定めていないと選択に混乱するほどです。