エレキギター

12/13ページ

エレキギターが巧く弾けるようになりたいヒトへ

  • 2019.01.07

こんなに練習しているのに(泣)~その悔しい気持ち、痛いほど判ります 今の若い方にとってはもはや懐メロ同然の扱いでしょうが、1990年代の後半といえば猫も杓子もバンドを組み、ストリート系のアマチュアが次々にメジャーデビューを飾るという空前のバンドブームでした。 そして2020年代を目前とした現在、一過性のバンドブームではないものの、たまに楽器店を訪れてみれば必ず一定数の来客がある様子。エレキギターを […]

一見チープだが、決して侮れない末弟~ギブソン:レスポール・スペシャル

  • 2019.01.06

レスポール末弟の1人:レスポール・スペシャル ギブソン社が誇る代表格のモデルといえば、「エレキギター・初めての1本を選ぶなら」でご紹介したレスポールです。まさにギブソンの代名詞、エレキギター弾きでその存在を知らないヒトなど皆無でしょう。 ところで、レスポールはフェンダー社の代表格モデルのストラトキャスターと違い、同じ名称を冠するモデルが価格帯ごとに複数リリースされています。 最も高価なのは、希少な […]

コピーバンドのギタリスト向け~脱初心者講座

  • 2018.12.25

初心者のコピーバンドがライヴで客を盛り上げるためには ライヴで演奏するなら、まずはアップテンポな曲を選ぶ 初心者にはスローテンポなバラードの方が弾き易いと思われがちですが、実は逆です。リズム隊がよほどしっかりしていないと、テンポが遅い方が一定のリズムをキープするのが難しいのです。 そのため、アップテンポな曲の方がコピーしやすいです。ライヴでも盛り上がります。オススメは「モンパチ」ことMONGOL8 […]

自宅練習用ギターアンプ~選ぶ際のチェックポイント

  • 2018.12.22

自宅用ギターアンプ選択のポイントは2つ 14歳の冬、初めて買ってもらったギターアンプは15Wのローランド製でした。 以来、すっかりローランド党でして、社会人になってからは30Wのローランド製CUBEシリーズを購入。現在は絶版となったCUBE-80XLを使用しています。 一方、自宅では「CUBE Lite」というCUBEシリーズ最小のギターアンプを使用しています。片手でヒョイと鷲づかみにできる小型軽 […]

ゴージャスかつエレガント、それでいてハードボイルド~ギブソン・ES-335

  • 2018.12.19

世界初のセミアコ~ギブソン・ES-335 通称「サンサンゴ」と呼ばれるギブソンES-335。 本家ギブソンだと初心者が1本目に手を出すにはあまりに高額で尻込みしますが(後述)、ギブソン系列の廉価版ブランド、エピフォン製であれば4~5万円程度から購入できる1本です。 僕と同世代の方は「ああ、あのギターか!」とすぐにピンとくると思われますが、1985年に世界的ヒットを記録したSF映画「バック・トゥ・ザ […]

異端の正統派~ギブソン・フライングⅤ

  • 2018.12.17

変形ギターの元祖にして不変のスタイル~ギブソン・フライングⅤ エレキギターのスタンダード(正統派)の代表格といえば、当ブログの「エレキギター・初めての1本を選ぶなら」「弾き易さでエレキギターを選ぶなら」でご紹介した2大メーカー、フェンダーのストラトキャスターとギブソンのレスポールです。 また、「テレキャスターvsストラトキャスター」でご紹介したフェンダーのテレキャスター、ジャズマスター、ジャガー、 […]

塗装はエレキギター自作の最難関~素人でもうまくいくコツ

  • 2018.12.14

購入とも演奏とも一味違う、自作という愉しみ方 かれこれ3年前になりますが、僕がエレキギターを自作するキッカケになったのは身近に自作派ギタリストがいたワケではなく(出会ったコトすらありません)、単なる思いつきでした。 浮気性な僕はすぐに買い換えしたくなる悪癖があるのですが、既製品のエレキギターというのは、手放す際の費用対効果が非常に悪いのです。 バイクなら最高1/2近い査定がつきますが(YZF-R1 […]

テレキャスターvsストラトキャスター

  • 2018.12.13

テレキャスターとストラトキャスター、その違いとは 世界に名だたるギターメーカー、フェンダーが開発した2大モデルといえるのがテレキャスターとストラトキャスターです。これらは世界各国のギターメーカーが自社モデルのお手本として数えきれないほど模倣されているモデルでもあります。 人気及び販売台数という点においては、圧倒的にストラトキャスターが勝っていますが、テレキャスターもまた根強い人気があり、半世紀以上 […]

「弾き易さ」でエレキギターを選ぶなら

  • 2018.12.12

弾き易いエレキギターの特徴とは エレキギターに興味がないヒトにとって、色合いが似たようなモデルであれば全部同じに見えるモデルでも、われわれギタリストが実際に手に取って弾いてみると、カタチは似ていても、メーカーが違えば弾き心地はまるで違います。 では、同じメーカーであれば同じ弾き心地なのかと聞かれれば、それも違うと答えざるを得ません。同じメーカーの同じモデルでも、何本も弾き比べると「なんか違う」とい […]

中級ギタリストがコピーするのにオススメなギターバンド

  • 2018.12.08

中級ギタリストに挑戦してもらいたいギターバンド どこまで弾けるようになれば、「弾けた!」といえるかは個人の主観によります。 しかしながら、楽器をやらないヒトたちから「いやあ巧いね」と言われるレベルまで弾けて、1曲につき2~3回程度のミスで済ませられるなら、充分に中級レベルといえるでしょう。 そこで今回は、コピーバンドの中級ギタリスト向けの記事をひとつ。   ギターソロの見せ場があり、ライ […]

1 12 13