転職キャリア

1/2ページ

転職3年目に突入、「3回目の独立記念日」を迎えて

  • 2020.10.03

このブログを始める2ヶ月ほど前になりますが、平成最後の10月1日は僕の人生にとっても最も意味のある1日でした。 換言するなら、独りケアマネとしての独立記念日でもあります。 もっとも、完全に単独で働いているワケではなく、僕の人柄や積み上げてきた知識・経験・技能を買ってくれた生涯のパートナーたちとの共同経営なのですが。 以上の経緯で、当ブログで「半独立型社会福祉士」と自称し、障害者ケアマネこと相談支援 […]

転職で何を優先し、何を諦めるかを明らかにすべき理由

  • 2019.10.28

現状に不満を持ち、転職を志す前に熟慮すべきポイントがあります。それは、「転職後、何を優先して生きていきたいか?」という問いに対する答えであります。 反省ですが、僕はその点を曖昧にしたまま転職を繰り返したコトによって、以後の人生に大きな影を落とすほどの大失敗となりました。 「経験したからこそ悟りを開けた」といえばそれまでなのですが、転職するコトによって得られる新しい人生、そのイメージを可能な限り具現 […]

今にして思えば、地獄からの生還をかけての転職

  • 2019.10.05

転職前、安定と引き換えに安息と無縁だった日々 当ブログで何度かご紹介したとおり、僕は過去3回の転職を体験し、福祉業界で4つの職場を渡り歩いてきました。 中でも、わがマチに移住するキッカケとなったグループ法人は、社会福祉法人だけでも300名を超え、グループ系列の医療法人も合わせれば軽く1000人を超える巨大法人でした。 わがマチの医療ならびに福祉を担う重責を担う巨大法人ですから、僕が定年を迎えるまで […]

転職の成功を謳歌する日々~3度目のリスタートから1年が過ぎて

  • 2019.10.02

転職に成功した後に待っていたのは、仕事が楽しくて仕方がない日々 光陰矢の如し。迷走と放浪の末に3度目の転職を経て半独立型社会福祉士として自由を存分に満喫しながら奮闘するうちに1年が過ぎました。 今やすっかりエレキギター関連ネタ一辺倒となってしまいましたが、このブログを始めるキッカケとなった障害者ケアマネの備忘録として欠かせないのが転職ネタであります。 さまざまな紆余曲折を経て、これまで培ってきたス […]

なぜ、安定した収入が保証された大組織を離れたのか

  • 2019.07.20

安定した収入を確保したいなら大組織を選ぶのが最良だが… 当ブログで幾度かご紹介したとおり、僕は福祉業界という狭いカテゴリではありますが3回の転職を経験し、4つの職場を渡り歩いてきました。最初の職場は半民半官の社会福祉法人、次の職場は完全民間の巨大法人、その次は株式会社、そして現在はNPO法人です。 同じ福祉の仕事であっても職場環境はいずれも異なります。すべて違うといっても過言ではない。中でも最も違 […]

「独立」という選択肢、フリーランスのリアルについて

  • 2019.04.28

半独立型社会福祉士として再出発してから6ヶ月を経過して 社会人デビューを果たした平成一桁代の頃は想像もしなかった人生3度の転職を果たし、かつてのお得意先だった仲間たちの協力のもと、独りケアマネになってから半年が過ぎました。 社会人として20年以上、わがマチにやってきて多種多様な職種の皆さんと交流してきた知見から、半民半官の雇われの身とは真逆な立場になった際にどのような社会人ライフを送るかについては […]

福祉業界の転職にまつわる「3つのウソ・ホント」

  • 2019.02.24

ソーシャルワーカーとして20年以上のキャリアを積んできた中で、過去3回の転職を繰り返してきた僕自身の体験をもとに、ネット検索で個人ブログや転職関連の企業サイトをチェックして比較するコトがあります。 結論としては、どのサイトにもウソはありません。自分自身の体験が綴られた個人ブログには強く共感しますし、企業サイトもまた転職支援のノウハウをもとに役立つ情報を多数提供して下さっています。僕も実際、転職活動 […]

快適な転職先を見つけたいなら絶対おさえておきたいポイント

  • 2018.12.29

礼に始まり礼に終わるのが福祉の仕事 組織人として最も尊ばれるべき美点はスキルでもキャリアでもなく「礼節」である これまで、転職に成功するための3大要素として「カネ」「コネ」「ウデ」をご紹介してきましたが、今回は転職した後の話、快適な職場環境で気分よく働き続けるコトができる条件について考察したいと思います。 数々の転職を経て気づいたのは、快適な職場環境に共通するのは、スタッフの誰もが協調性を身につけ […]

転職に向いている人=転職してもやっていけるヒト

  • 2018.12.18

社会人の大多数のヒトたちは、今の職場に多少の不満はあっても実際に転職するのはごく少数でしょう。それでも転職したいヒトを対象に「転職に向いているのはこんなヒト」といった書き込みを見かけますが、僕はもっとシンプルに考えて良いのではないかと考えます。 つまり、「絶対に転職してやる!」と転職への強い意志を持つヒトこそが転職に向いているヒトであり、そうでないヒトはみな転職すべきでないといった二元論です。 転 […]

辞めたい時が辞め時~前向き転職のススメ

  • 2018.12.16

「こんなカイシャ、辞めてやる!」と決意したヒトは転職すべき 他の国はどうなのか知りませんが、少なくともこの国では転職者に対して、どちらかと言えばネガティヴな印象を抱きがちであります。 特に、転職を繰り返したヒトに対して、「アイツは根性がない」など、あらぬ偏見の目を向けがちなコトも。 ところで、われわれ福祉業界ではどうなのかと申しますと、やはり初志貫徹で同じ職場で長年にわたり福祉の仕事に打ち込んでい […]