ギタリストが知るべき「弘法筆を選ばず」の極意

  • 2020.06.21

今回のテーマは、僕のようなギター弾きにとって耳が痛いことわざ「弘法筆を選ばず」です。 技量さえ優れていれば、道具の如何に左右されず最高のパフォーマンスを発揮できるという意味であり、技量の未熟さを道具のせいにしてはいけないという戒めの意味でもあります。 かつてはリアハムバッカーしか使わなかった若かりし頃、当時は考えもしなかったシングルコイル偏愛主義に鞍替えした現在については、当ブログでもたびたび触れ […]

社会福祉士の考察~アフターコロナと相談支援

  • 2020.06.11

新型コロナウイルスがもたらす厄災に何の影響も受けない業界などあり得ないでしょうが、当然、われわれ福祉業界も苦悩の日々を送らざるを得ない状況下にあります。 そんな中、仕事帰りで報道番組を視聴しておりますと、さまざまな業界で生き残りをかけた戦略が連日のように特集として取り上げられています。 最も身近なところでは飲食業でしょうか。客を来店させて美味しい料理を振る舞うスタイルから、料理を宅配したり、ドライ […]

ロードバイクで半日ライド~痩せたい、ストレスを軽減したい、生きる活力を得たいヒトへ

  • 2020.05.31

ようやく段階的に緊急事態宣言が解除されてきたものの、まだまだ新型コロナウイルス禍で外出が憚れる昨今。ロードバイク乗りには、さながらヘビの生殺しのような日々であります。 本格的なシーズンが到来し、例年であれば暑すぎない晴天の下でロングライドに繰り出すところ。自粛を続けるヒト、3密を避けて繰り出すヒト、地域によって状況はさまざま。 寒冷地に住んでいる非レース系サイクリストの僕は「そろそろ行ってみるか」 […]

侮るなかれ、エレキギターの重量について

  • 2020.05.24

内輪ネタで恐縮ですが、東京在住の大学時代の同期との飲み会で、以前習っていたエレキギターをやめたという女友達に理由を訊いたところ「だって意外と重いでしょ?」との返答が。 華奢でほっそりとした体形ながら女子の平均身長をやや超えた体格、僕よりも長い指にも恵まれたヒトなので惜しい話ですが、ストラップ越しに伝わる重量にウンザリしたのでしょう。 このように、弾けないコトを理由にやめてしまう以外に、決して無視で […]

社会福祉士とは、選択の余地がある限定のプロ

  • 2020.05.16

紆余曲折を経て、半独立型社会福祉士として「障害者ケアマネ」こと相談支援専門員の仕事に特化するようになってから3年目に突入しました。 巨大な社会福祉法人から小規模NPO法人に転職したコトで大幅な年収ダウンをしたものの、それと引き換えに存分に自由を満喫できる独り職場を得て、最高の毎日を過ごしています。 人生しょせん等価交換の原則からは逃れられず、何かを得たいのであれば何かを諦める割り切りが不可欠であり […]

独学で楽しみながらギターポジションを覚える練習法

  • 2020.05.05

前回のブログでは、エレキギター弾きとして最低限の音楽知識、ギターポジションを覚えるための練習法についてご紹介しました。 関連のある姉妹編として、併せてご一読いただければ幸いです。 参考記事:独学で確実にギターポジションを覚える練習法→コチラ 前回はポジションマークを起点に、ドレミの音階を弾きながらギターポジションを覚える練習法をご紹介しましたが、今回はもう1つ、広域で音階を覚える練習法について綴り […]

独学で確実にギターポジションを覚える練習法

  • 2020.05.04

音楽理論が判っているヒトから教わったり、教則本を何度読んだりしてもサッパリ理解できない、僕のような人間にとってはエレキギターのポジション覚えるコトすら苦行であります。 残念ですが、こうした才能やセンスは天賦のもの。オリジナルはもちろん、既成の楽曲をアレンジしたりアドリヴでギターソロを弾けたりできるのは一部のギタリストだけ。 もともと、好きなギタリストの憧れのプレイを自分もやってみたいと思って始めた […]

ロックギタリスト「泣きのギターソロ」を極める

  • 2020.05.02

コロナウイルスが世界的に流行する中、それぞれの「STAY HOME」を過ごしている現在。僕も障害者ケアマネという仕事柄、感染予防のため外出自粛の最中にあります。 当然、普段よりもネットで動画共有サイトを視聴時間が長くなりますが、プロのミュージシャンがそれぞれのSTAY HOMEを動画配信しています。 中でも圧倒的なパフォーマンスを届けてくれたのがB’zのみなさん。松本さんやメンバーが自 […]

ギブソン製エレキギターの魅力的なルックス、そのヒミツに迫る

  • 2020.04.26

フェンダーの3割増しとも思える高価な価格設定とハイフレットの弾きづらさから、おそらく僕が本家ギブソンUSAのレスポール・スタンダードを購入するコトは多分ないでしょう。 ハイフレットの弾きやすさでいえばES-335や58年製のフライングⅤなら問題ないですが、僕の給料が数ヶ月~半年で吹き飛んでしまうのでエピフォンで妥協せざるを得ません。 しかしながら自作エレキギターにハマっていた頃はギブソンモデルばか […]

ヤル気が起きない時のエレキギター練習法

  • 2020.04.25

コロナウイルス禍が一向に終息しない今日、休みといえば自宅に引きこもって鬱々と過ごすヒトは僕だけではないでしょう。 しかしながら、むしろ僕らギタリストにとっては絶好の環境下でありまして、大っぴらに、そして存分に個人練習できる大義名分が与えられたようなものです。 ところが、感染予防の自主規制で人前での演奏はおろか、週1回のバンド練習ですら封印している現在、練習どころかエレキギターに触るモチベーションす […]

1 2 25