ロック式ペグ:弦交換が圧倒的にラクで安定したチューニング

  • 2020.07.23

ローストアッシュをボディ材に持つ限定モデルのストラトキャスターを購入してから数ヶ月。弦が少々ザラついてきたので、購入後、初となる弦交換を行いました。 実売価格145,000円のミドルエンドというコトもあり、丁寧な造りだけでなく、装備されたパーツ類も厳選された高価なものが奢られています。 そこでギター歴30年以上(単に長いだけでウデはサッパリ)、さまざまなエレキギターを扱ってきましたが、ロック式ペグ […]

ロードバイク、日帰りロングライドの成否は「風を読めるかどうか」

  • 2020.07.19

当ブログで、折に触れて日帰りロングライドの素晴らしさやその方法論について綴ってきました。そして昨日、ロードバイクに乗ってから最長距離となる240kmを走破。 所要時間は11時間45分。休憩時間を考慮すれば1時間あたり20km進んだ計算になります。時速20kmという意味ではありません。恐らく時速23kmといったところでしょうか。 目標としていたゴールまで残り12kmだったのですが、帰りの体力を温存し […]

エレキギター「理想のネック」を追求すると…

  • 2020.07.12

わがマチに転職した数年後、のちにライフワークになる同業者とのバンド編成によってジャンルを問わずコピーバンドを続けながら、理想のエレキギターを追い求めるコトに。 自作ギターを含めて、オーソドックスな代表作から個性的な変形ギターまで試し、ついにシングルコイル偏愛主義のストラト使いに行き着いた次第であります。 所属バンドのプレイスタイルや僕自身の好みの問題からストラトキャスターを使うコトになったのですが […]

かつて超えられなかった境地に到達したギタリストが見る景色とは

  • 2020.07.06

ギターキッズの憂鬱と挫折、ほろ苦い思い出 汽車通学をしていた高校時代、同じ路線に乗っている縁で知り合った同級生のバンドに加入させてもらった短い期間、その縁でさまざまな洋楽のハードロックやメタルの存在を知りました。 中でもイングヴェイ・マルムスティーンは、当時から30年が経過した現在もなお聴き続けている、そして飽きずにコピーに挑戦し続けている稀有なミュージシャンであります。 当ブログでも、僕が好きな […]

Made In Japan Hybrid 68 ストラトキャスターの購入レビュー

  • 2020.06.27

キャッシュレス決済の5%還元の駆け込み需要ではありませんが、すっかり国産フェンダーの魅力に取りつかれて2本目のストラトキャスターを購入しました。 イングヴェイ・マルムスティーンが愛用する、ラージヘッド仕様のストラトキャスターが欲しいと思っていたところ、Made In Japan Hybrid 68 Stratocasterに興味が湧いて思わず購入。 新型コロナウイルス感染予防の観点から、少々バクチ […]

ギタリストが知るべき「弘法筆を選ばず」の極意

  • 2020.06.21

今回のテーマは、僕のようなギター弾きにとって耳が痛いことわざ「弘法筆を選ばず」です。 技量さえ優れていれば、道具の如何に左右されず最高のパフォーマンスを発揮できるという意味であり、技量の未熟さを道具のせいにしてはいけないという戒めの意味でもあります。 かつてはリアハムバッカーしか使わなかった若かりし頃、当時は考えもしなかったシングルコイル偏愛主義に鞍替えした現在については、当ブログでもたびたび触れ […]

社会福祉士の考察~アフターコロナと相談支援

  • 2020.06.11

新型コロナウイルスがもたらす厄災に何の影響も受けない業界などあり得ないでしょうが、当然、われわれ福祉業界も苦悩の日々を送らざるを得ない状況下にあります。 そんな中、仕事帰りで報道番組を視聴しておりますと、さまざまな業界で生き残りをかけた戦略が連日のように特集として取り上げられています。 最も身近なところでは飲食業でしょうか。客を来店させて美味しい料理を振る舞うスタイルから、料理を宅配したり、ドライ […]

ロードバイクで半日ライド~痩せたい、ストレスを軽減したい、生きる活力を得たいヒトへ

  • 2020.05.31

ようやく段階的に緊急事態宣言が解除されてきたものの、まだまだ新型コロナウイルス禍で外出が憚れる昨今。ロードバイク乗りには、さながらヘビの生殺しのような日々であります。 本格的なシーズンが到来し、例年であれば暑すぎない晴天の下でロングライドに繰り出すところ。自粛を続けるヒト、3密を避けて繰り出すヒト、地域によって状況はさまざま。 寒冷地に住んでいる非レース系サイクリストの僕は「そろそろ行ってみるか」 […]

侮るなかれ、エレキギターの重量について

  • 2020.05.24

内輪ネタで恐縮ですが、東京在住の大学時代の同期との飲み会で、以前習っていたエレキギターをやめたという女友達に理由を訊いたところ「だって意外と重いでしょ?」との返答が。 華奢でほっそりとした体形ながら女子の平均身長をやや超えた体格、僕よりも長い指にも恵まれたヒトなので惜しい話ですが、ストラップ越しに伝わる重量にウンザリしたのでしょう。 このように、弾けないコトを理由にやめてしまう以外に、決して無視で […]

社会福祉士とは、選択の余地がある限定のプロ

  • 2020.05.16

紆余曲折を経て、半独立型社会福祉士として「障害者ケアマネ」こと相談支援専門員の仕事に特化するようになってから3年目に突入しました。 巨大な社会福祉法人から小規模NPO法人に転職したコトで大幅な年収ダウンをしたものの、それと引き換えに存分に自由を満喫できる独り職場を得て、最高の毎日を過ごしています。 人生しょせん等価交換の原則からは逃れられず、何かを得たいのであれば何かを諦める割り切りが不可欠であり […]

1 2 26